にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ        
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■空気を読む

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ        
モテる男は空気を読む。
 
 
空気を読むとは、その場の雰囲気を察知し、的確な言動ができるということです。空気が読めない男性は、その場の雰囲気とかみ合わない話をする事があるので、当然「会話のヘタな男」として評価が下ってしまうことでしょう。
 
 
空気を読むためには、観察する事が大切です。
相手は忙しそうにしていますか?であるなら、話しかけないほうが良いかもしれません。あいさつだけで済ますことができます。
時計をチラチラ見出したら、会話を終えたがっていることを察知してください。それでも長々と話を続けているなら、空気が読めていません。
相手は楽しそうにしていますか?怒っていますか?悲しんでいますか?それらは言葉だけに現れるのではありません。顔の表情、口調、態度にも表われていますから、それらをよく観察して敏感に感じ取ってください。
 
 
空気を読むためには、相手の立場に自分を置くことが大切です。
なぜその場にあった言動ができない、つまり空気が読めないかというと、多くの場合、自分中心に考えている事が原因となります。人はみなそれぞれ個性の違いが有り、考え方、感じ方にも違いがあります。ですから、自分では良かれと思って発言したとしても、それが周りの人にとっては不快に感じる事があるかもしれません。その場合の自分の発言が空気を読めていないという事になります。そのような事がないように、自分中心ではなく、相手の立場に立った見方ができていなければなりません。
 
この状況では、この人はどのように考え、どのように感じ、どのような言動をするだろうかと、自分を相手に置き換えて考えてみる事が大切です。これは、自分の見方を広くすることが関係してきますから、いつも相手を気遣ったり、思いやりをもって接する、器の大きさが必要になってくるでしょう。
 
 
空気を読むためには、話の腰を折らない必要があります。
今されている話を否定するような事を言ったり、全く関連のない話題を持ち出したりするなら、話の腰を折ることになり、空気が読めていません。
誰でも自分の意見を否定されるなら、快く思いません。話を続ける気が失せることもあり得ます。会話には流れというものがあります。他人が気持ちよく話しているのであれば、同意したり、質問したりして、相手の会話がよどみなく流れるように助けてあげましょう。それができるなら、空気を読んでいることを示せます。
 
 

■コメント:

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

 
Powered by fun9.net
 
 
 
 
 
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。