■2011-10-

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ        
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■叱り方2

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ        
モテる男は叱り方を知っている。
 
 
どのようにして叱ればよいのでしょうか?
次にあげる1~4の手順で行うのが最善です。


1.まず、相手の褒めることができる点を評価する

叱る前にまず、ミスした人の褒めることができる所、がんばっている所に言及するようにしてください。「君がやってくれたこの所がよくできているね。」とか、「いつもまじめに働いてくれるから一目置いているよ。」というように、その人の良い点を探して褒めるようにしましょう。人は叱られると自尊心を失ってしまうものなので、叱る前に相手を評価していることを伝え、自尊心を高めるようにするのです。このように、叱る前にワンクッション置くのは大切です。



2.叱る前に相手の言い分を聴く

仕事をミスした人には、ミスをしたそれなりの理由があるかもしれません。人は責められると言い訳をしたくなるものですから、相手の言い分を聴いてあげるとよいでしょう。もちろん言い訳することはあまり好ましくないことですが、相手に弁解する機会を与えるなら、その人は自分の尊厳が重んじられていることを嬉しく思うことでしょう。また、自分の意見に耳を傾けようとしてくれるあなたの心の広さを尊敬するかもしれません。



3.怒るのではなく、アドバイスを与える

自分の感情をぶちまけ、相手を威圧するだけでは叱っていることにはなりません。それはただ激怒しているだけです。自分の感情を制御できず、相手を卑下するような情けない男にはならないでください。


モテる男は怒りの感情を抑え、的確なアドバイスを与えることによって、相手を叱ります。なぜ叱られるのか相手の人が理解して、二度とミスをしないように助けるような仕方で提案を与えるのです。
それは上手に質問をして論理的に相手に考えさせるという方法によって行えます。
例えば、「君は今回のミスはどこに一番原因があったと思う?」と質問して、自分のどこが悪かったのかを相手に考えてもらうようにします。
さらに、「じゃあ、今後ミスをしないために、どんなことが出来ると思う?」と質問するなら、改善のために何が出来るかを相手に考えてもらうことが出来ます。


そのようにすれば、部下自身が自分の悪かった点を認識し、改善のための答えを導き出すことが出来るので、上司であるあなたが問題点を指摘し、改善点を述べる必要はなくなります。つまりあなたがわざわざ叱らなくても、部下は今後ミスをしないように自分で気をつけるようになるのです。


もちろん部下が誤った考えを抱いていて、考え方を調整しなければならないときもあるでしょう。そのような時は、「このような方法で行うなら、どんな結果になると思う?」、「君が取った方法と、私が提案した方法と、どちらが利益を生み出せると思う?」といった質問をして、正しい考え方に導いてあげるようにしてください。



4.最後にフォローを忘れない

叱られたまま何のフォローもなしに会話が終了したら、後味がとても悪くなります。相手の人も落ち込んだ気持ちをズルズルと引きずりかねません。最後に的確なフォローをして、相手を元気付けましょう。


「失敗は誰でもあるから、今後同じ失敗を繰り返さなければ大丈夫だからね。」とか、「君にはとても期待しているから、がんばってね。」などの言葉をかけて、相手の気持ちを楽にしてあげましょう。相手の人はまた新たな気持ちで仕事に臨むことが出来るに違いありません。


そのような叱り方をするなら、多くの人から信頼される男になります。当然女性からも、優しくて統率力のある男性として評価されることになるでしょう。
 
 
 
 
Powered by fun9.net
 
 
 
 
 
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。